31

【樹木葬植物】どうたんつつじについて

どうたんつつじは西日本の一部を自生地とする落葉性の低木で、樹高は2mどまりです。 丈夫で枝を切ってもよく芽吹ので、公園や庭木に幅広く利用されています。 ツツジ科の植物に共通していますが、根が浅い為、乾燥に弱いのが欠点です…

31

【樹木葬植物】こでまりについて

樹木葬に使われる植物「こでまり」 こでまりは学名、Spiraea cantoniesnsisが示すように中国の広東地方が原産地です。 漢字では小手毬と書かれます。満開時の花の姿に由来しています。 日本では古くから知られ…

31

【樹木葬植物】しゃくなげについて

日本では、桜の季節が終わると次にツツジの季節が始まります。しゃくなげはツツジ科ツツジ属に属し、花がツツジに似ています。ツツジよりも花が大きく華やかな印象の花です。漢字で書くと、石楠花と書きます。日本の約60の市町村が…

31

【樹木葬植物】しもつけについて

樹木葬につかわれる植物「しもつけ」 中国から朝鮮半島、日本にかけて分布する落葉性の低花木です。 その名称は下野国(しもつけのくに、現在の栃木県)で初めて発見された事に由来しています。 日本では栃木県だけでなく、北海道か…

31

【樹木葬植物】まんりょうについて

樹木葬に使われる植物「まんりょう」 まんりょうは冬につける光沢のある赤い実と、照りのある緑の葉のコントラストが美しい植物です。 万両というたくさんのお金をイメージさせる名前から、センリョウ、アリドオシと組んで植え込み、…

樹木葬を行う理由

樹木葬を行う理由について書かせて頂きます。 何と言っても、肉体が滅びれば土に帰るということが主な理由だと思われます。 土になったところから新たな植物が生えてきてサイクルの生命活動が行われます。 その意味では、人が亡くな…

弔電をおくるときのマナー

弔電とは、お悔やみの電報のことです。葬儀や告別式に出席できない時にお悔やみの気持ちをご遺族に届けるための一つの方法です。今では色々な方法で送ることができますし、文字や材質、種類など様々なものが選択できるようになってい…

NTTのおくやみ電報のサービスとは?

葬儀での電報(いわゆる弔電)の送り方は電話で申し込む方法と、ファックスで申し込む方法があります。会社は主にNTTが行っており、受付時間は午前8時から午後10時、配達時間は午前8時から午後7時までとなっています。種類も豊富で菊…